MENU

「カップルだけの空間ではない!?今のラブホテル事情とは?」のイメージ画像

ラブホテルの概念変化

ベッドが2つある

設備がしっかりしていて、ゆっくりと寛ぐことができるラブホテルをネットで予約してみてはいかがでしょうか。

大阪や中国地方でラブホテルを使うならラブホとは思えないほどのクオリティーのホテルがあります。

皆さんはラブホテルを利用したことがありますか。そもそもラブホテルにどのようなイメージがありますか。
恐らく、多くの人が若い男女カップルが頑張って、欲情する場所だと思っていませんか?このイメージも間違っていません。
クリスマスなどのカップルが感化されるようなイベントなどは実際若いカップルの利用率も非常に高いです。
ですが、若いということはまだそこまでの経済力もありません。頻繁的に利用するのは難しいでしょう。
そんな、なかなか儲からないラブホテル業界がターゲットにしたのが、カップルでもなければ若くもない一般客です。
年末などで人の行き来が激しい時は通常のホテルもビジネスホテルも予約をとるのが難しいです。仕事で来ている人からすれば、ホテル一つ探すのも一苦労です。
これまではそのビジネスマンがラブホテルに泊まろうとする概念はあまりなかったかもしれません。最後の手段程度に考えていたかもしれません。
今は違います。カップルが楽しむためだけではなく、寝床に困る一般客でも入りやすいように色々な工夫が施されています。
なので、大きなラブホテルだとカップル以外の一般客の姿があまり珍しくありません。
パソコンなどの影響で外にでない人が増えてきている現代でも生き残っていくためにラブホテル業界も色々な工夫をこらしてきます。

各ラブホテルによってこだわりも違います。その中でも特に意識されているのがホテルのデザインです。
ホテルと聞けば大半の人は大きな箱のような建物が最初に思い浮かぶのではないでしょうか。
たしかにそのようなデザインのホテルもまだまだ健在です。しかし、それではホテルに行ったカップルなどのお客さんも印象に残らずまた行きたいとは思わないでしょう。
周りに観光施設が少なく、宿泊することが大きな目的であるラブホテルは建物に入ってからの印象が勝負です。
汚い殺風景では、二度とこないでしょう。しかし、これがまるでヨーロッパの国のような内装でホテル内の雰囲気や接客の態度が良かったらどうでしょう。
入った時点でわくわくしてきませんか?何もないところより、オシャレなオブジェの一つや二つでもあれば気分も高まります。女の子なら尚更このようなことには敏感です。
男みたいにセックス出来ればいいというわけではないのです。それに、女の子が喜んでくれれば一緒に行く男だって気分は悪くないはずです。
二人の雰囲気がよくなりセックスの際はもちろん、そうでない普通に会話も盛り上がるに違いありません。









最近のラブホテルがこだわっているのは、内装などの見た目だけではありません。
きれいなホテルには美味しい食事と気持ちいお風呂がつきものです。
ラブホテルの中にはこの二つにこだわりを持っているところもあります。目からだけではなく胃袋からお客さんに満足してもらおうというわけです。
一般的にラブホテルの食事が美味しいという認識はありません。ほとんどの方がラブホテルで食事を取るということをしたいとは思わないでしょう。
その当たり前を壊すことでラブホテルの概念を崩そうというわけです。さすがに、一流ホテルの高級レストランのような食事ではありません。
しかし、お腹が減っていると人はその誘惑に負けがちです。わざわざ外に出てレストランを探すのは結構面倒です。
近くにコンビニがあればいいかもしれませんが、コンビニでもそれなりに満腹になろうとすると意外とお金がかかります。
ラブホテルで食事をとった方が安く済むこともあるのです。
お風呂にこだわりを持ったラブホテルは浴槽のデザインが非常に個性的です。
単なる浴槽ではなく、四方八方から泡が噴き出してくる泡風呂がだったり、おしゃれにライトアップするお風呂もあります。
そして、ラボホテルとは思えないような露天風呂を用意しているラブホテルもあります。
もう、普通のリゾートホテルと間違ってしまってもおかしくないくらいです。






参考リンク

衛生面は基本中の基本

退屈そうな表情

ホテルを選ぶにおいて大事なものは何かお分かりですか?それは清潔感です。高級で人気のあるラブホテルはこのような小さなこだわりも徹底する必要があります。安いホテルは掃除まで行き届かないことが多いので、やはり散らかっていることが多いです。

| read more...

ラブホテルの料金システム

枕の画像

ラブホテルの料金は意外と複雑です。普段は利用しない初心者だと混乱する可能性があります。ですが、うまく活用すると効率よく必要な時間のみで休むことができますし、カップルで楽しむこともできます。

| read more...

記事一覧

高級感のある看板 「カップルだけの空間ではない!?今のラブホテル事情とは?」の記事一覧です。 | read more...